息苦しい

華子と一緒なのだ。

うちの犬がいなくなったって、いつか帰ってくると思っている。朝10時の日差しのように。そこにいるように感じるのだ。


落下する夕方を再読した。わたしと主人公は似ている気がする。将来を見ているような気がするのだ。