息苦しい

腕に顔を乗せてもらうのがすきだった。前足の毛を触るのが好きだった。思い切り走った時に爪でシャシャシャシャシャーって音がするのが好きだった。歩くスピードが早足で可愛い音がするのが好きだった。興奮すると吠えがちなのが可愛かった。お手がお手じゃなくて、引き寄せるようだったのが好きだった。走ってブレーキが効かなくてお腹を壁にぶつけてたのが好きだった。わたしがばあ!と飛び出てびっくりさせたら全力で逃げていくのが好きだった。抱っこをして一緒にお散歩にいくのが好きだった。たくさんの景色を見せてあげるのが好きだった。食べることに遠慮がないのが好きだった。目がむきだしになっていた。可愛かった。ずっと抱っこをしているとちょっと嫌そうな表情をするのが好きだった。嫌がられるのも可愛かった。お風呂に入れてあげると怖くて震えるのが可愛かった。背中がかゆくて床に擦り付けてるのが好きだった。背中をかいてあげると気持ちよさそうに口を開けるのが可愛かった。夏は暑さでハァハァ言ってるのが可愛かった。日向ぼっこをしている背中が可愛かった。毛並みが綺麗で、太陽に照らされてキラキラしていた。こたつの端で丸まって寝ているのが好きだった。鼻が濡れていることに安心した。散歩の途中で変なものを食べようとするから困った。わたしが落としたゴールデンチョコレートを食べたことに腹を立てた。チャイくんにはなんでも話したし話せた。心の拠り所で、癒しだった。頭を撫でた時のもふもふとした毛並みが好きだった。目の下に目やにがカリカリに毛と一緒になって、それをよく抜いてあげていた。ひげを触ると嫌がった。尻尾もいやがった。小さい頃にちんちんの周りに膿が出来ているのを見つけた。座り方がお姉さん座りだった。耳に息をフウ、とすると嫌がった。両手でお顔をわしゃわしゃするのが好きだった。たまにびっこを引いていた。服が異常に似合っていた。ずっと抱っこをすると重くて腕が痛くなった。わたしの部屋の座布団でいつも背中をかいていた。ドライブが好きだった。窓から顔を出すと半目になっていた。日向ぼっこをしているとき、暑くてハァハァしていた。きっとまだまだ思い出はたくさんある。大好きなのだ。会いたい。抱っこしたい。ぎゅっと抱きしめたい。チャイくんなしで何を楽しみにすればいいのか。どうしたらいいのか。もうわからないし、どれだけ泣いても懇願してもチャイくんは戻っては来ない。どうしたらいいのか。ただ困ってしまう。息が苦しくなる。チャイくん…